海外旅行

【グアム】スカイダイビングしてみた【見学の様子も紹介】

グアムでは3万円~6万円ほど(高度により値段変動)でスカイダイビングに挑戦することができます。一生に一度は飛んでみたいと目を輝かせるうちの相方。私はと言えば「絶対無理!!」というタイプ。しかしまぁスカイダイビングの機会なんてなかなか無いので、相方の付き添い(見学)で参加してみることに。

スカイダイビングに実際に挑戦した相方の様子や、付き添いはどんなところでどれだけ待つのかなどご紹介していきます。

スカイダイビングの予約

私は現地ツアーサイトのベルトラでグアムのスカイダイビングを予約しました。


グアム スカイダイビング 一度飛べば世界が変わる!上空2,400メートルからのフリーフォール <無料送迎サービスあり>

見学者の予約をする欄はなかったので、相方1名分の予約をしました。

雨季のグアムは天気予報が毎日雨で、どの日にするか迷ったのですが、早朝の天気が1番よさそうな日に設定しておきました。時間の設定はこちらでは出来ず、日にちのみ設定が可能です。

予約完了後、時間の連絡がベルトラからメールで届きます(予約から1日~2日後)。予約の画面(バウチャー)はスマホで見せるか印刷したものを渡すかする必要があるので、慣れない海外旅行ということもあり、紙で印刷して準備しておきました。

スキューバーダイビングやシーウォーカーなど、潜水後24時間はスカイダイビングをすることはできないのでご注意ください。

スカイダイビンググアム到着後の流れ

グアムのホテルに着いたら催行会社に電話

グアムのホテルに到着したら、確認のため催行会社に電話する必要があります。日本語で対応してもらえるので、英語ができなくても安心。

ホテルの部屋に設置してある電話を使って連絡を取りました。

見学の事前予約欄はなかったので、この電話で見学者が1名いることを伝え、当日の集合時間(ホテルまで迎えに来てもらえるのでその時間)などの確認を行いました。

いよいよ当日

スカイダイビングは基本早朝のようで、日本を出発する前に連絡がきていたのは6時集合。そこからメールで連絡があり7時15分に変更され、さらに当日の6時半くらいに部屋に電話がかかってきて、6時50分に変更になりました。

ちょうど雨季だったこともあり、天気が変わりやすかったので仕方ないのかもしれませんね。

ホテルのロビーへ行くと、お迎えっぽい人がいるので予め印刷しておいたバウチャー(ベルトラから届く予約確定画面)を渡します。

ちろ
ちろ
ルームナンバーを聞かれるので言えるようにしておくとスムーズ♪

あなたが飛ぶ人?あなた見学?のようなことを英語で聞かれたので、アイアムシー(I am see.)なんていうヘンテコ英語で伝えたら伝わりました。お迎え担当の人はほぼ英語ですが、それほど困りません。

催行会社の施設に到着したら…

見学者もスカイダイビングをする人も、同じお迎えの車にのって一先ず催行会社の施設まで移動します。

そこでスカイダイビングの説明をされ(各言語対応の動画を見せられます)、高度を決めます。見学者の$20と、高度変更による追加料金はこの時に支払います。ベルトラの予約には見学者分は現金とありましたが、高度追加分と合わせてカード払いでOKでした。

ダイブする人が前のカウンター席に座り、説明を聞きます。見学者は後ろの方に席があるので、座って待ちます。

ごら
ごら
この日一緒の時間に飛んだ人は5人。全員最高高度の4200mからのダイブ!!
ちろ
ちろ
この間、私は暇だったので置いてあった雑誌を読みながら美味しそうなハンバーガーを探してました笑。

戸田恵子さんとか大島優子さんもここでスカイダイビングしたようで、写真がかざってありました。

30分ほどの説明が終わった後、見学者は車で着地地点へ移動。

スカイダイビングをする人は着替えや(まるでアルマゲドンのような青色のつなぎを着ます)、一緒に飛ぶ人との挨拶を済ませ、セスナへ乗り込みます。

見学者その後の流れ

見学者は一人だと結構暇でした(笑)。

着地地点までの移動が20分くらい。着地地点には小さな小屋と、椅子があります。日陰になってるのでそこはご安心を。

椅子に座ってぼーっと待つこと15分くらい。送迎をしてくれた人が何やらくるぞー的なことを言うので空の方を見ると、米粒大の人が降ってきます。

肉眼では小さすぎるのと眩しいのがあって、着地直前まで誰がだれだか分かりません。着地地点は10mほど先なので、着地するときにやっと「あっ!」と気が付きます。

動画の撮影がまだ続いているので、スカイダイビングをした人と一緒に写って終了となります。

↑後ろに見える小屋が見学者が待っているところです。

その後は同じ送迎車で、催行会社の施設まで戻りました。

動画が渡されてホテルへ帰還

USBで動画を渡されるので(購入していないと動画はありません。一生モノの思い出になるので動画は購入をおすすめします)、編集が終わるまでおよそ10~15分ほど待ち時間があります。

施設のモニターで動画を確認した後、解散となりホテルまで送ってもらいます。

参考動画:4分5秒あたりから

トータルで3時間から4時間ほど。見学者が一人で待つ時間(移動含め)はおおよそ30分~40分ほど。車での移動が多いので、体感的にはそれほど長く感じません。

グアムスカイダイビングの値段

■見学
– 18才以上:$20
– 13才以上18才未満:$10
– 13才未満:無料

■基本料金
2,400m(フリーフォール時間約15秒):$299

■オプション
– 上空3,000m(フリーフォール時間約25秒):+$40
– 上空3,600m(フリーフォール時間約40秒):+$80
– 上空4,200m(フリーフォール時間約60秒):+$120
– 動画と静止画のセット:$160

■当日天候不良の場合
キャンセル料は発生しません。セスナに乗って上空でダイブ不可となった場合も料金は発生しません。

動画と静止画のセットはちょっと値段が高いけど絶対おすすめ!

飛んでいる最中の動画(カッコ良く編集されている)をもらうことができます。安全のため、ダイビングをする人が持ち込んだカメラで撮影することはできません。

ごら
ごら
日本円にすると3万円~6万円ほどなので、安くはないですが挑戦してみる価値はありですっ!


グアム スカイダイビング 一度飛べば世界が変わる!上空2,400メートルからのフリーフォール <無料送迎サービスあり>