海外旅行

【雨季のグアム】毎日雨なの?4日間の天気を写真付きでレポート

雨季のグアムの天気予報を見ると…毎日雨・雨・おまけに雷マークまで。「せっかく行くのに…」なんてがっかりしないでください!7月雨季真っただ中のグアムに3泊4日で行ってきました。毎日の天気の移り変わりを写真と共にお伝えします。

グアムの気候について

乾季と雨季に分かれている

グアムの気候と天気:地球の歩き方より

グアムは常夏の国。一年を通じて最低気温が24度以上となっています。日本のように四季はなく、乾季と雨季の2シーズンに分かれています。

乾季は11月~5月ごろ、雨季は6月~10月ごろ。7月~10月は台風シーズンですが、数年に1度大型の台風が発生する程度なので、それほど敏感になる必要はありません。

乾季、雨季どちらのシーズンにもスコールがありますが、特に雨季はスコールに見舞われやすくなっています。

ちろ
ちろ
一年中海水浴を楽しむことができるよ
ごら
ごら
動画にも纏めたのでよかったら見てね!

グアム旅行前の天気予報

旅行予定日の天気予報を見てみると…

※別な日時の予報画像です。

全日程雨・雨・雨おまけに雷。グアムの天気予報はあてにならないとは聞いていましたが、乾季に行くべきだったかとちょっとげんなり。

実際のグアム旅行の天気

7月18日(グアム初日)

日本を10時ころ出発し、グアムに到着したのは午後3時頃。

ホテルの送迎車に荷物を積み込む間にパラパラと雨が降ってきましたが、ホテルに到着してお部屋から見る天気は雲が多めの晴れ。

お腹が空いたので、お夕飯を食べにホテルからザ・ビーチへ移動。なんだか雨が降りそな暗い空になってきたな~なんて呑気に構えていると…初日の洗礼

スコールに見舞われ全身べっしょべしょ。

ちろ
ちろ
出かけるときはとりあえず折り畳み傘ないとだめだこりゃ
ごら
ごら
服が濡れて風邪ひきそう…

日本でも突然雷が鳴ってザーっと振り出す雨ありますよね。まさにアレ。ぽつぽつきたなと思っていると、一気にバケツをひっくり返したような雨になります。

しかしそれも束の間。30分もすれば嘘のように晴れ、こんなにきれいなサンセット。

その日はなんだかんだと4時間くらいザ・ビーチに居座ったのですが、スコールが3回ほど、降ったりやんだり。安定しない天気でした。

グアムの雨季は折り畳み傘1本持って出歩くのがおすすめ。服が濡れるとかなり寒い思いをします。

7月19日(グアム2日目)

2日目の朝は快晴。

ちろ
ちろ
きれいに写真が撮れました

カラっと晴れて見えますが、ジメジメとした湿度の高い晴れです。濡れた洋服とかベランダに干してもなかなか乾きません。

午後はプールとホテル前のビーチで魚探し。曇り空になってはきたものの、雨は降りませんでした。

7月20日(グアム3日目)

3日目の朝は雲が多め。

午後になるとゴロゴロと雷が鳴りだしましたが頭上は曇り空で雨は降っていません。

現地ツアーを楽しんだあとホテルへ戻り、夕食のセイルズBBQへ。

快晴で、タモンビーチの美しすぎるサンセットを見てテンションMAX!

海の向こうでスコールが降っているのが分かります。グアムの雨季はどこかしらで局所的に豪雨になっています。そのため毎日雨の予報です。

7月21日(帰国日)

4日目の朝はもくもくとした雲が見えますがおおむね晴れ。

最終日なのでちょっと繁華街へ出てランチタイム。じりじりと照り付ける快晴でした。

4日間で雨に降られたのは?

結局スコールにがっつりやられたのは初日のみ。他の日は大丈夫でした。降ってもザーっと30分ほど豪雨になるだけで、嘘のように晴れ間が広がります。

逆に言えば、さっきまで晴れてたのに…ということも起こります。出かける際は折り畳み傘を持った方が安全です。外が暑い分グアムの屋内はキンキンに冷えています。雨で服が濡れてしまうと兎に角寒い。体調管理のためにも傘は持っておきましょう。

ちろ
ちろ
雨季の旅行も全然ありだねっ!
ごら
ごら
もちろん雨季よりは乾季がおすすめだけど、日本のようにずーっとしとしと雨が降るってことはないから安心
ホテル・ニッコーグアムに宿泊してみた!オーシャンビュー最高!!日系のホテルだから英語ができなくても安心?という噂のホテル・ニッコーグアムに宿泊してみました。 全室オーシャンビューの日系ホテルは...